石島小夏のカラフルノート♪

カラフルノートで気持ちを軽くして、『自ら未来を描く力』を育む…!

消費意欲の復活!笑

f:id:ohuchigoto:20160722163200j:image
タイトルの通り、最近お買い物欲が復活してきました!笑
会社員を辞めて以来、なーんとなく消費意欲が落ちていたんです。
でも、久しぶりにサンダルやらお洋服やら買ったら気持ちがうーきうき♪
あ、やっぱり楽しいよね、この感じ★


大量生産、大量消費ってどうなの??って思う気持ちはあるけど、やっぱり買い物好きだよ、私(笑)
そんな自分をやっと認められるようになりました。
でも昔みたいに「安いから買う!」とか「一番お得な方法を!」とか「気晴らしに買い物したい!」とは思わなくなった。
必要な時に必要なものを買うっていうのはもちろんあるんだけど、そんなにキッチリしてなくて「あーこいうものが欲しいなぁ」とゆるっと頭にあって、出会ったら買う感じ。

なんかお金に関して執着心が無くなってきてるんですよね。
それは奨学金を返済し切って気持ちにゆとりが出たからとか、生活費に困る事は今のところ無いからとか、そういうとこからきているのかも知れない。
もしくは執着心が無くなってきたから余裕ができてきたのかも知れない。


それでもやっぱり、会社員を手放して収入が減ったら財布の紐が固くなっていた。
もちろんその感覚はめっちゃ大切!!
でも、「夫くんに養ってもらっている感」から無理に財布の紐を締めていた気がする。
「対等でありたい!!」って肩肘張っているような感じ。

その自立心はやっぱりお金に囚われている所からきてたんだろうなぁ。
小さい頃から家にお金が無かったし、「自分でやりたいことは自分で稼いだお金で!」っていう意識がめちゃくちゃ強かったんですよね、私。
だから、一時的(だと思っている)に収入が減っている今、自分の好きなものへお金を使うことにちょっと抵抗があった。

加えて言えば、夫くんは家事も育児もほぼ今まで通りやってくれているので、自分だけ「何かが欠けている」ような気持ちになってしまっていた。
でもこの間、夫くんに「僕のカウンセリングさぼってたでしょー」って言われて、「あ、そうか。家事とか育児とかで物理的に夫くんを支えるという形でなくても、私は私なりに夫くんを助けているんだなぁ」って、パーっともやもやが飛び散っていったんです。

むしろ「カウンセリングで夫くんを助けている」っていう事実すらなくても、「対等に!」とか「自立しなきゃ!」みたいな考えがなくてもいいんだなーって、いきなり吹っ切れてしまった(笑)
「対等に!」とか「自立しなきゃ!」みたいに力を入れないほうが、「お互い自立して対等なちょうど良い関係」になれるんじゃないかなーって、自然に思えたんです◎

だからと言ってそんなに欲しいものがあるわけでもないんですけどね。
百貨店で働いていた時とか、欲しいものが次から次に浮かんできたんだけどなぁ。
その時々で「ちょうど良い物欲」っていうのがあるみたいなので、生活に困らない程度で身を委ねてみよっと!!