読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石島小夏のおうちごと♪

夫と娘と「おうちを描いて共に育む♪」日々を徒然なるままに◎

ダメ出しは肥やしにしつつ水に流す!

f:id:ohuchigoto:20161001005220j:image

頑張れない時にできる(ように見える)人の言葉に勝手に傷付くことがある。
キラキラしている(ように見える)人の言葉に「私にはそこまでできないわー」と管を巻きたくなることがある。


だから私は、ずっと自分の言葉を発する事が怖かった。
自分の言葉や発信で密かに傷付いている人がいるんじゃないか…と言うことがとっても怖かった。


最近、それはとっても傲慢な考え方だったんだなぁと気付き始めました。
自分の言葉が人に影響を与えるなんておこがましい!!

そう考えられるようになったのは、私自身が人の言葉を受け止め過ぎて落ち込む…という事が減ってきたから。
もちろん、助言はありがたく受け止めている(つもりだ)し、ダメ出しにはやっぱり落ち込みます。
でもそれで「私という人間そのもの」が否定されているとは思わなくなりました

嘘です、強がりました(^^;;
まだ時々は自分そのものが否定されている気がして落ち込みます…でも、「そうじゃないよー」と自分で励ましを入れられるようになりました


先日も学生時代にたくさん愛のある(と私は信じている)駄目出しをくださっていたお兄さんにお会いしたのですが、

でも、小夏はそんなに話聞いてなかっただろー

みたいな事を言われて唖然としましたΣ(・□・;)
いや、当時の私はできない自分を指摘されて落ち込みまくってましたけど!!
そりゃぁ、もうそこをできるようにするのに数年費やすくらいに…いや、いまもできるようになってないなーと時々自分を責めたくなるくらいに!笑


そう、そんなもんなんです
言ってる相手はこっちの反省も落ち込みも気付いてないんですよ!!
つまりは、「人間そのものを否定している」つもりなんて微塵も無いのです。
結局は自分の受け止め方、次第なんですよね。
(あ、ちなみにそのお兄さんには今でも感謝しています。
大切な事をたくさん教えて頂きました!)


万人受けする考え方も言葉も存在しない。
同じ人でも、その時々の状況や体調や気分によって感じ方が違う。
誰かを勇気付ける一言は、誰かを傷付ける一言かも知れない。
何気ない一言が人を不快にさせてしまうかも知れない。
それでも、怖がらずに自分の想いを口に出せるようになりたいなぁ。


あ、あとね〜こんなこと言ったら怒られるかも知れませんが、男の人は自分ができている以上に相手ができてないと口に出す人が多い気がする。
(そうじゃない人ももちろんたくさんいますよ!)
あ、相手をダメ出しする事で自分を正当化しているのかな??
…私もやっている時がある気がするなぁ、気を付けたい(>_<)


私みたいな間に受け体質(女性に多い気がする)な人は相手の駄目出しを真摯に受け止め過ぎて落ち込んじゃうんだけど、実は言ってる相手もそんなにできているわけじゃない事もあるし、あんまり気にしなくてもいいんじゃないかな〜と最近感じています。
もちろん的を得た事もあるので自分の肥やしにできるものはありがたく受け取って、後はさらりと水に流す強かさを持てたらいいですね。