石島小夏のカラフルノート♪

十人十色の“ライフワーク”をカラフルノートに描いて実現…!!

嫁姑の負の遺産は水に流して生きたい!

f:id:ohuchigoto:20161216121939j:image

 

嫁姑のイザコザって負の遺産なのかも知れないなぁ。

 

後輩ちゃんと、嫁姑トークを繰り広げていて、そんなことを感じました。

我が家の場合は、私に余裕がなかったために関係がギクシャクとしてしまいましたが、少しずつ落ち着いて、今では義実家は寛げる場所になっています。

 

でもねー、後輩ちゃんのお話を聞いてると嫁いびりって本当に存在するんですね。

いやぁ、乳飲み子抱えながら、そんなこと言われたらたまったもんじゃないわ!!と、思ってしまいした…ひどい><。

あ、それはもう「無理に仲良くしようとしなくていい」と、感じました。

 

 

でも、後輩ちゃんと別れた後にふと思ったのです。

「あ、そのお義母さんも同じようにお姑さんにいびられていたのかも知れないなぁ」って。

 

しかも、私たちの親世代は働いていないお母さんも多いから逃げ場もなかったのかも知れない。
今よりも、もーっと夫の家事分担もなかった。
だからと言って、溜まった不満を下の世代にぶつけるなんて酷い!!って思うけど、お義母さんも辛いのかも知れないなぁ…って。

 

 

で、嫁姑問題の何が嫌って、理不尽な言動にイライラしちゃう自分自身なんですよね。

イライラして反論したりして、自分が性格悪くなっちゃう感じが嫌。

で、そんなことをぐーるぐる!と悩んで泥沼にはまっていくのもしんどい

(ある意味、仕事しているといっぱいいっぱいで忘れられるから良かったりする)

そんな話で、盛り上がる私と後輩ちゃん。

じゃー、どうしたらいいんだろう?

 

 

友達に愚痴ってスッキリするならそれでいい。

「孫を会わせない!」って、義実家を避けるのも、それはそれでアリだと私は思う。

それが産後のイライラから来ているものだったら、落ち着いたら義実家に会いに行けばいい。

義実家の側も孫に会いたかったら、それを受け止めるくらいの懐の深さを持って欲しいし、そうじゃないなら孫に会えなくても仕方ないのかなーと。(冷たいですかね…)

 

 

でも、愚痴ってると逆に自分の中に黒いものが溜まっていく感じがする人もいる。

こどもは嫁姑とは無関係だから会わせてあげないと!って真面目に考えてしまう人もいる。

私は結構そういうタイプなので、いろいろ試行錯誤しました。

で、至った結論はこれ。

 

 

①自分に余裕がない時は義実家対応は夫に丸投げする

②理不尽な嫁いびりは「この人もこうやって言われてきたんだなー、大変だったなぁ。」と水に流す

 

 

①自分に余裕がない時は義実家対応は夫に丸投げする

 

これは、結婚当初に周囲にたくさん助言を頂いて得た技です(笑)

最近は、あんまり使っていませんが、当時は非常に有効でした。

なんせ、嫁姑問題って夫と母親のコミュニケーション不足に起因しているものが多い!!

そして、息子は妻にも母親にも甘やかされて、コミュニケーションに向き合うことから逃げていたりする。

本人の問題は本人にお返しするのが一番◎

 

 

 

②理不尽な嫁いびりは「この人もこうやって言われてきたんだなー、大変だったなぁ。」と水に流す

 

 

「お義母さんは、こんな風にお姑さんにいびられていたんだろうなぁ。大変だったなぁ。誰も受け止めてくれなかったのかぁ。お疲れ様です。」

 

 

そんなことを考えたら、嫁いびりも水に流せないかなぁ。

「この人も大変だったんだなぁ」って聞き流すことができたら、優しい気持ちになって黒いものを身体に貯めないですむかもしれない。

 

 

もうね、目標は「仲良くなること」じゃなくていいと思うんですよ。

「自分が反応してイライラしたり、嫌な気持ちになったりしないこと」を、目指したらいい。

そしたら、運良く仲良くなれるかもしれないし。(仲良くなれたらラッキー♪)

 

とりあえず、その瞬間は「お義母さんがこうやって言われてきただけ。私が悪くて言われているわけではない。大変だったんだなぁ、お義母さんも。」とひたすら自分に言い聞かせて、「自分が悪い」とか「自分の行動を直さないと!」とか、「相手が悪い!」とか、思わずに受け流していく。

私の場合は、自分に余裕がなかったから「悪く言われているように聞こえた」だけだったけど、本当にわけわからないこと言ってる人、も残念ながら居ますもんね。

それは、相手が悪いのではなく、もちろん自分が悪いわけでもなく「相手の育った環境が悪かったんだなー」と思えば楽になれる気がするのです。

 

 

まぁ、でも、それは上の世代の負の遺産なので、「そこに寄り添って自立を促す」とこまでは、頑張んなくてもいいのかなーって思ってます。

できる人はやればいいけど、それより目の前の夫とこどもに集中した方が未来は明るい!!

と、結婚する時に父から、「親のことよりまずは自分たちのことを考えて」と言ってもらえたので、今の私はこんな発想ができるんですねどね、ありがたい◎

やっぱり自分たちに集中しないと、上の世代とか周りの人を幸せにすることもできないんじゃないかなぁ。  

 

嫁姑関係は、こちらもどうぞー!!

「結婚式が黒歴史」という幸せ - 石島小夏のおうちごと♪

黒歴史(結婚式)とその後がmixi日記に!笑 - 石島小夏のおうちごと♪

義実家で昔より寛いでいる!! - 石島小夏のおうちごと♪

 

嫁姑じゃないけど、夫に丸投げ大作戦はこちら。

自分の問題と夫の問題を分ける!! - 石島小夏のおうちごと♪