石島小夏のおうちごと♪

色鮮やかでやわらかい日常をほわほわ紡ぐ…!

やりがい搾取と愛情の搾取

f:id:ohuchigoto:20161217150058j:image

 

娘ちゃん2歳4ヶ月。

 

もしもしー!

だでぃ、おそいですよー

むすめちゃん だでぃ の みかん ぜんぶ たべちゃったー

ぜんぜん おそいからー

 

と、iPhoneに見立てたキッチンタイマーを持って、電話ごっこを繰り広げていました。

「だでぃ に のこしておく!」って言ってたみかん、気付いたら全部食べちゃってたもんねぇ(笑)

 

 

やりがい搾取・愛情の搾取ってなんなんだろうなぁー??

 

先日、「逃げ恥 第10話」(ドラマ)を見て「愛情の搾取」という言葉がテレビで流れることに感動しつつも、色々もやもや...。

 

「いいですか皆さん。人の善意につけ込んで労働力をタダで使おうとする。それは搾取です。例えば友達だから、勉強になるから、これもあなたのためだから、などと言って正当な賃金を払わない。このような【やりがい搾取】を見過ごしてはなりません」

 

「人の善意につけ込んで労働力をタダで使おうとする。」のは確かに搾取なんだけど、善意につけ込むってなんなんだろー??

まぁ、なんか「文化祭みたいなノリだし、タダで手伝ってもらえて当たり前」っていう態度は違うと思う。

それが有償であっても無償であっても、「相手を思いやる気持ち」は持っていたい。

 

 

前に「近いものほど大切に!」という記事でも、同じような事を書いていましたね。

 

ベンチャー企業NPO団体などには【想い】を強くした人が集まってくる。

その強い想いでインターンやボランティアとして無償で働いている人たちもたくさんいる。

でも、想いの強さに甘えて内側の人を大切にすることを忘れてしまいがちなんじゃないかなぁ。

一時的にはそれでよくても、「永く続けること」を考えた時、熱意や想いで彼らがやっていることを「当たり前」として享受していると、どこで燃え尽きてしまったり、気持ちが覚めてしまう。

近くで支えてくれる人たちにこそ、大切にもてなさないといけない。

 

 

相手に感謝して大切にする事を忘れてしまうと、搾取になるのかなぁ。

この境界が難しいなぁ…と思っていたら、「となりのおうちごと」に登場してくれていた入谷佐知ちゃんがこんな素敵な記事を書いていました。

 

lineblog.me

 

搾取するされる/強制するされるの議論のまえに、そもそも、強制されてボランティアに来た人によるアウトプットの質は低い…ということ。
 
他の誰かに強制されて来たひとで構成されるNPOは成果を上げられない
 
だから、個人側だけでなく、組織側(搾取する側)にも「やりがい搾取」はなんのメリットもない。成果でないから。
 
 
のではないかなぁ、、と。根拠となるデータでもあったらいいのになぁ。

 

 

あー!!そうだね!!と、納得(笑)

成果出ないんですよね、搾取されていると。

でも、少ない成果でもいいからタダの労働力がたくさんあれば、数の勝負でやり切れる!!っていう考え方があるから、搾取しようとする人がいるのかも知れないなぁ。

 

 

ちなみに、我が家では夫くんが家事を「強制されてやっている」状態だと私はそわそわします。

成果も出ない(というか雑になる)し、負のオーラが出てると家の中の空気も悪くなるから。

だから、どうしたら夫くんが「前向きに楽しく家事に取り組めるかなー?」と、あの手、この手と工夫してきました。

「愛情の搾取」にならないように気を付けてきたつもり。

(余裕ない時は時々、搾取しちゃっている気もするけど。。。><。)

 

 

いろいろ工夫してきたことを「自発的にやることを強制しているから愛情の搾取だ」と言われたら、それは違うと思う。

だって、根底には夫くんが「楽しく仕事もバンドも家事も育児もできるといいなー」って想いがあるから。

まぁ、「夫くんは私と娘ちゃんの事が好きだから、私たちが幸せになると幸せになるはず!!」とも思っていますけどね。(図々しいですかね…笑)

やっぱり「お互い無理はしない」そして、「ちゃんと感謝すること」が大切なのかなー。

そのための話し合いは惜しまない!!

 

 

ところで、「愛情の搾取」って夫婦間よりも親子間の方が根が深い気がするのは気のせいでしょうか?

親は子に良くも悪くも「力」を持ってしまうから、夫婦という横の関係より親子という縦の関係より搾取しやすい立場になる気がする。

しかも、搾取する側は無意識に搾取しているような...

寒い冬に娘ちゃんで暖をとるのは搾取だろうか?笑(たぶん、違う)

 

 

あーもう、色々難しいー!!

とりあえず、私は自分が無理をしない(搾取されない)ようにしよう。

自分が無理をしなければ、相手を搾取する必要もなくなるはず。

自分が無理をすると、欠けたものを補うために誰かから搾取しようとしてしまうんじゃないかなぁ。

誰かに助けてもらう時は、「相手が無理をしていないか」、「楽しめているか」を気遣いながら、余計なことは考えずに清々しく感謝したい。

 

 

ところで、モヤモヤしてたら恋ダンスの安住さんに気付かなかったよ!!

勿体無いことした!笑

 

 

ちょっと前に書いた話。

「有償」の仕事と「無償」の仕事 - 石島小夏のおうちごと♪

 

夫くんに家事を楽しんでもらおうとした工夫はこちら。

一緒に幸せになりたい!!-AERA家事育児100タスク表Yahoo!ニュース掲載 - 石島小夏のおうちごと♪

夫くんが料理ができるようになるまでの道 - 石島小夏のおうちごと♪

保育園対応は夫がやるとうまくいく!? - 石島小夏のおうちごと♪

一緒に歩くことでイライラくんが消える! - 石島小夏のおうちごと♪

2人で親になるためにしていたこと - 石島小夏のおうちごと♪

今日からすぐできる家事を通して仕事力を磨く練習♪ - 石島小夏のおうちごと♪