読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石島小夏のおうちごと♪

夫と娘と「おうちを描いて共に育む♪」日々を徒然なるままに◎

宗教と恋愛と依存と自立。

◆自分と向き合う◆  *パートナーシップ   ・恋愛・結婚

f:id:ohuchigoto:20170108083144j:image

 

娘ちゃん2歳4ヶ月。

 

あけまして おめでとう ございます!!

はい、どうぞー。

おつかれさまでした!!

 

新年会にて、しっかり「おもてなし」デビュー★

お兄さん、お姉さんに遊んでもらえて楽しかったようです◎

 

今朝は宴の後の静けさ…!

その日のうちに片付けておくと、翌日も清々しいですね♪

 

 

新興宗教にハマる人は一定数いる

 

宴の終盤ではなぜか、新興宗教のお話に(笑)

新興宗教にハマる人って、今も昔も一定数いらっしゃるらしいです。

 

私自身は無宗教ですが、信仰している「宗教」があるのは強いなぁ、と感じています。

瞑想だったり、身体を動かす修行だったりは「心身を整える」と科学的にも証明されていますよね。

そういったことを見出し、「誰にでもわかる形で伝えていく」って素敵なことだと思っています。

 

だから「心身を整える仕組み」としての「宗教」には大賛成です。

人間波がある生き物だから、毎日の習慣や先人の教えを日々思い出すことで、その波を小さくする工夫をしている。

ビジネス書や自己啓発本を定期的に読んでいる人もある種、そこに「聖書」や「般若心経」的な効果を求めているのかなぁ…って思ったりもします。

結構、同じことが書いてあるけど、いつの間にか忘れていたりするから、時々読んで自分に言い聞かせる!!みたいな◎

 

でも、それはあくまで個人で完結するもの。

「自分の足で生きていく」力を得るために、「仕組み」としての「宗教」を使って工夫をしているイメージ。

 「自分が信じているもの」を「他人に信じてもらおう!!」と押し付けるのは違うと思う。

 

「自分がいい!」って思うから、人に勧めたくなる気持ちはわかる。

けど、相手と自分は別の人間なんだから、「同じようにいい!」って思うかはわからない。

人にも「自分と同じものを好きになってもらいたい」というのは、自立できていない状態。

自信がないから人にも「自分と同じ」を求めてしまうんじゃないかなぁ。

 

「宗教」を使って、「自分の力で生きていく」工夫をしようと思ったのに、いつの間にか「宗教」に依存してしまう。

「手段」が「目的」になってしまった状態。

 

 

でも、これって宗教じゃなくても恋愛でも、仕事でも起きうることなんじゃないかなぁ…。

恋愛も仕事も結局は「自分の力で生きていく」工夫だと思うんです。

「自分の力を最大限引き出す」パートナーを見出したり、仕事を見つけたり、して、「自分の力で生きていく」工夫をしている。

 

 

だから、「結婚すべし!」とか「仕事すべし!」と「自分がいい!」と思った生き方を人に押し付けるのはなんか違う。

そして、恋愛や仕事に依存してしまうのは「手段」が「目的」に変わってしまっている状態だから気を付けなくてはいけない。

 

 

でもね、一時的に「依存している状態」になってしまうことってありますよね。

私は「依存している状態」に、たくさん、たくさんなった気がする。

今でも、時々、「夫くんに依存しているかも?」って思う瞬間があって、慌てて軌道修正したりしています…苦笑

 

 

「依存している状態」って端から見ているとすぐわかる。

でも、本人は気付いていなかったりする。

でも、そこから抜け出せるのは本人だけ。

 

 

周りの人が、外に出そうと突くと、どんどん殻に閉じこもっていってしまう。

「外に出ておいで!」って言われることが、「自分を責めている」ように聴こえてくる…><。

その人が自分の大切な人であればあるほど、「責められている」ショックは大きくて、どんどん孤独になっていってしまう。

そして、防御モードに入っていって周囲の人に攻撃的な言葉を放ったりする。

 

 

周りの人はそんな言葉に傷ついてはいけない。

本人もそんな言葉を放つ自分を責めてはいけない。

「心が弱っている状態」で口に出した言葉は本心ではないのだから。

 

本人も周りの人も「弱っていて攻撃的になっているなぁ」と、そんな状態を受け入れると道が開けるのかもしれない。

「抜け出せる」のは本人だけだけだけど、「見捨てずに見守ってくれる」周りの人がいると、「抜け出す力」が出てくるのだと思う。

 

 

恋愛や結婚は「見捨てずに見守ってくれる人」を作ることで、弱っても「抜け出せる」ように仕組みを作っているんじゃないかなぁ。

結局、人は「自分で生きていく」しかないけど、そのためにはいろんな工夫が必要で、やっぱり人は「一人じゃ生きていけない」。

 だから私は家族と、「ほどよく一緒に」生きていきたい!!

 

 

家族の問題と自分の問題は別!!というお話はこちら。

課題の分離と自立◎ - 石島小夏のおうちごと♪

自分の問題と夫の問題を分ける!! - 石島小夏のおうちごと♪

 

「弱っている状態」の言葉は受け流したい!というお話はこちら。

嫁姑の負の遺産は水に流して生きたい! - 石島小夏のおうちごと♪

人は変化する生き物 - 石島小夏のおうちごと♪

 

良かれと思った言葉が「相手を責める」ことにつながるお話はこちら。

「情報提供」は「相手を責めること」につながる - 石島小夏のおうちごと♪