石島小夏のカラフルノート♪

コーチング&コンサルティング業を中心にフリーランスとして働きながらパートナーシップを探求中…!

決断する理由を探す時は要注意!!

f:id:ohuchigoto:20170322104014j:image

 

決断したから理由を探す

理由を探してから決断する

 

恋愛でも仕事でも、何かを決断する時に「理由」が先にくるのか、後から「理由」を探すのか…?

ここに大きな違いがある気がしています。

 

いくつかの選択肢があるとき、結局どちらを選んでも大変な事も楽しい事もある

だから、実はどちらを選ぶかはそんなに重要じゃなかったりする。

 

大切なのは自分が心から納得しているか

自分の腹に落ちている選択なら頑張れるし、自分で責任も取れる。

でも、自分の中に迷いがあると、どこかで歪みが出てきて苦しくなってしまう。

  

 

決断するための理由を「あれや!これや!」と一生懸命探している時は、自分の心が納得していないとき。

自分を納得させるために理由を探す。

 

本当に自分が望む事だったら、理由より先に決断してしまう。

決断してから、自分や周りを納得させるために理由を探す。

 

そして、その理由は本当にストンと自分の中に落ちてくる。

それは、自分が今まで紡いできた先に自然と積み重なってできている決断だから。

どんなに突発的であろうと、衝動的であろうと、周囲に反対されようと、今までの自分じゃ考えられない選択であろうと、実は自分の内側から生まれてきた決断だったりする。

 

 

こういう決断は大抵うまくいく。

もちろん、大変な時も失敗に見える時もあるんだけど、心が納得していれば全てを血や肉にできる

予想外の事が起きても、受け入れられるし、それをプラスに転じさせる力も持つ事ができる。

 

 

でも、理由を探してした決断は、その「理由」が満たされなかった瞬間に、不安が増してくる。

うまくいかなくなると、どんどん悪い部分ばかり目について後悔し始めてしまう…。

そして、更にしんどい苦しみの中に落ちていく…。

 

 

あぁ、そうか。

「理由」を探してから決断するのは、不安から逃れるための決断なんだろうなぁ。

そして、「決断」してから理由を探すのは、自分がやりたいことをするため・好きなものを選ぶための決断。

 

逃げの転職も逃げの結婚も、幸せになれたという話はあまり聞きませんもんね。

やりたいことを突き詰めての転職や自分が好きな人とする結婚は、周りがどんなに反対していても本人は幸せそうだし、大変な事も乗り越えていっている。

 

理由を探している時は、無理に決断しようとしなくてもいいんじゃないかなぁ。

一息ついて、自分が本当に望むものはなんなのか?考えてみたらいいのかも知れません!!

 

不安な時は、一呼吸することも怖いんですけどね…。

でも、空虚さを埋めようとして、動き回ると余計にしんどくなってしまう。

 

 

 

なーんて、偉そうに書いている私は選択ミスしまくって生きてますけどね!!苦笑

恋愛も仕事も不安や空虚さを埋めるために選んで、相手や自分を傷つけた事が、たくさんあります…。

20代前半なんてまさにそんな感じ。

 

30歳に近づいた頃から、ようやく自分らしい選択がしっかりとできるようになってきました。

人は失敗から学ぶ生き物だから、理由を探してからする決断と失敗をたくさん繰り返し、だんだんと自分の芯を見つけていくのかも知れません。

というか、痛い目みないと学ばないんですよね〜私…苦笑

 

 

そうそう、小さいけれど日々の買い物とかで「決断」の練習をするのもひとつの手です。

人生の決断による失敗より、買い物の失敗の方が損失が少ないので良いかも〜笑