読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石島小夏のおうちごと♪

色鮮やかでやわらかい日常をほわほわ紡ぐ…!

娘ちゃんと対等でいられるワケ

f:id:ohuchigoto:20170514065824j:plain

 

ブログ、いつも読んでるよー、勉強になる!!

なっちゃんみたいに子育てしたいなーと思って。

娘ちゃんを「対等に扱える」ってすごいよね!!

 

学生時代から知っているお姉さん(妊婦さん!)から嬉しいお言葉を頂きました。

「対等に扱おう!」と、頑張っているわけじゃないんですけどね。

 

 

単に私がこどもなだけ…苦笑

 

眠くなったらご機嫌斜めだし、

お腹空いたらしょぼん…ってなるし、

自分がやろうとしている事が思う通りにならないとイライラしてしまう…。

 

はい、2歳児と変わりません!!

もうね〜、本当に原始的な生き物なんだわ、私。

 

 

 

幸いなのは楽しいことも同じだということ◎

 

四季の変化はわくわくするし、

なんでもおもちゃにして遊びたくなるし、

音がなったら身体を動かしたくなる。

 

娘ちゃんと全力で遊ぶことが私の喜びになる♪♪

 

 

もはや「対等に扱っている」というより、単に事実として対等な関係なだけなのです。

きちんと向き合う事が、最終的に最も効果的で効率的だと信じていますしね。

だから、私にとってこれは一番楽で楽しい方法。

 

ぎゃーぎゃー泣き喚かれるより、ちゃんと話して納得してもらった方が楽。

ぎゃーぎゃー泣き喚かれるより、気持ちが落ち着くまで待った方が楽。

結果として時間も短くなったりしますしねー♪

 

 

 

あと、私は自己啓発が好きなのです!!笑

ダメな自分を変えたくて、悩んだらいろんな本を読んで試す!!を繰り返してきました。

特に20代は試行錯誤の日々で、正直、しんどかったです。

 

で、そういうの色々やっていると、小さい頃の自分の負の思い出とか価値観を、ぶち壊していく作業が結構あるんですよ。

昔、我慢していたことをやる!!とかね。

周囲の大人の影響で、「自分の本当の想い」を遮っていた部分を解きほぐしていく。

 

人は周囲の影響を受けて育つ生き物。

でも、大人になると自分自身を取り戻していくことができるんですよね。

大人になるって素晴らしい!!

 

 

そういう意味では、最近の方が自分を解放して、どんどんこどもに戻っている気がします。

だから、娘ちゃんと気が合うのかも知れませんね。

むしろ、娘ちゃんに教えてもらっていることの方が多いのです。

 

 

私は自己肯定力が低いので素直に娘ちゃんのこと「すごい!!」って思えるのかも知れません!!苦笑

だって、私が必死でやろうとしている事を、体現しているんですもの。

「無理」せずに自然と湧き上がる感情をぶつけてたら対等になっちゃった感じですね。

むしろ、下なんじゃないか…とすら思う今日この頃…。

 

 

そんなこんなで、こどもと対等な関係を築くには、自分のこどもの部分をさらけ出してみたらいいのかも知れません!!

職場や友人たちに晒すより、恥ずかしくなくてオススメです☆

 

 

最後に、折角なので私が読んだ自己啓発本ベスト3をご紹介しますね。

ここに書かれていることは、今も練習中のことが多いです◎

 

 

自分を取り戻すのにオススメの本はこちら。

このワーク、しっかりやりこむと世界が変わるかも!!

2001年に出版された名著ですが、最近、新版が出たようです。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい。

 

 

 心理的な部分の根拠を持たせたければこちら。

「自分を責めない」ことの大切さが伝わってきます。

ここで学んだ自分への対応を娘ちゃんに応用していることも多いです。

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

スタンフォードの自分を変える教室 (だいわ文庫)

 

 

こどもに限らず、人間関係の基本はこちら。

ブーバーさんの哲学をベースに書かれた本です。 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (420件) を見る