石島小夏のカラフルノート♪

カラフルノートで気持ちを軽くして、『自ら未来を描く力』を育む…!

選択する時は心が揺らぐ

f:id:ohuchigoto:20170612111604j:image

 

娘ちゃん2歳9ヶ月。

 

ダディ いっちゃ だめー

パジャマ おはなの やつが いいのー

 

RSウィルス感染中につき、いやいや沸点が低めでございます。。。

自分ではどーしようもない身体の状態にもがいているんだろうなー。 

 

 

 

「明日、保育園行けますかね?」との問いにお医者さんから鋭い回答が!!

 

「お子さんの様子から、体調が悪くなっていると思ったから来たんですよね?」

 

ぐずぐずしていない時は元気だし、家の中では手に余るくらいに、動き回っている娘ちゃん。

でも、咳き込むと苦しそうだし、なんせいやいや沸点が低い…命に関わる感じはしないのですが、楽じゃなさそう。

ちょっとでも症状が軽くなったらいいなーと、病院へ行ったのでした。

 

 

そうですよね…今日は休むことになるって勘付いてはいましたよ。。。

 

 

 

あぁ、もうっ!!

 

 

きっと、毎回、心が揺らぐのです。

「しんどい時は側にいてあげたい」というのが、私の正直な想い。

私か夫くん、どちらか一方は娘ちゃんの側にいたい◎

 

だから、まずは仕事が調整できないか考える。

自分主体のワークショップや講座以外は、日程変更や代わりの人をお願いできるか、関わっている人たちに相談する。

それが難しかった場合のために、病児保育という手段も用意してある。

 

 

そこに迷いはない(はず)。

迷いは無いけど、心は揺らぐんじゃい!!笑

 

 

病児保育でも何でも使えるものを全部使って、仕事をする人に憧れがやっぱりあるんだろうなぁ…。

それだけ、仕事に夢中になれる様はとても格好良く見える。

 

 

格好良く見えるだけで、きっと逆の葛藤がある(はず)。

それでも、自分が選択しなかった方がキラキラ輝いて映るのです。

 

 

どっちを選んでも心揺らぐなんて、不毛やなー笑

でも、この心揺らぐ体験も今しかできないものなのかも知れない。

 ゆらゆら揺らぎながら、意志を持って波に身を委ねる。

この状態が、いつかの何かに繋がっている(と、信じることにする!!)

 

 

あー、そうね。

選択するから心が揺らぐのだ!!たぶん!

 

心揺らいだ時には、「よしよし、ちゃんと選択しているね」と自分を認めてあげようかなー◎

そうしたら、心揺らぐ自分を受け止めて、素直に次へ進める気がする♪♪

おー、いい考え!!笑