石島小夏のおうちごと♪

素材を活かし、味わい尽くす…!!

暗闇は居心地が良い…!

f:id:ohuchigoto:20170615105002j:image

 

やっとこ、ダイアローグインザダークを体験してきました…!

暗闇の中は、心地良かったなぁ…。

とっても落ち着く場所でした。

 

触覚を頼りに歩くとういう動作は、どこか懐かしさもありました。

考えてみたら、益子の実家も夜は完全なる暗闇に近づくもんなー。

 

不思議と全く恐怖はなく、

一人だったら無言で散策していたかも知れない(笑)

 

 

 

声をあげないと、自分の存在がわからないから怖くて

 

という感想をおっしゃっている方がいました。

なるほどー!そういう解釈もあるんですね。

 

 

なんか、私は声をあげないと「周りが不安になるかな?」とか、「人にぶつかったら申し訳ないな」と思っていました。

あ、いずれにせよ、他者がいるから声をあげるのですよね、同じことなのかも!!

だから、ダイアローグ:対話なのだな。

 

 

暗闇の中では対話しないと、お互いの存在を確認できない。

本当は、暗闇の中じゃなくても対話しないと、お互いの存在を確認できないのかも知れない。

 

だから、多くの人は対話を望んでいる。

でも、普段から対話をできる人は少ないのかも知れない。

声をあげれば、暗闇の中でなくても、対話ができる場は育まれるのに…。

(と、言いながら私も、声をあげる勇気が出ないこともしばしばあります><。)

 

そんなことを感じました。

 

 

あと、対話が進むのは初対面の効果というのもあるのかも知れない!

ワークショップなどで対話の場が生まれると、するすると言葉が出てくる方がいらっしゃる。

同じもの=ワークショップに惹かれて集う人たちだから、どこか共通のものを持っている。

そして、自ら参加している人たちはしがらみなく、自由に言葉にできる。

 

 

初対面でバックグラウンドを知らない人同士だからこそ、素直に打ち解けられることも(私には結構)ある。

暗闇の中では、容姿も表情も見えないので、余計に素直になれる。

裏を返すと、自分の動きとか、表情が「相手にどう見えるのか?」を、普段、とても意識しているんだろうなぁ…。

ここに気付けたのは、とても大きかったです。

 

 

 

人間観察&対話マニア?としては、知り合い同士で暗闇の中で対話したらどうなるのか?ということも気になりました。

チームが出来たばかりの、チームビルディングにはものすごーく効果がありあそう!!

 

 

既存のチームの場合、暗闇でニックネームで呼び合うことで、部長と部下とかが素直に対話できたりするのかなー??

目上の人に意見を言えないような職場に、あんまりいたことがないから、わからないなー笑