石島小夏のカラフルノート♪

カラフルノートで気持ちを軽くして、『自ら未来を描く力』を育む…!

Start up♪ 行動開始…!

f:id:ohuchigoto:20170705092736j:image

 

娘ちゃん2歳10ヶ月。

 

みてー!!

ドキンちゃん、エプロンしたのよー

 

ドキンちゃんのぬいぐるみにパンツを履かせたいというので、まずは私がハンカチをまきまき◎

その様子を見て、自分でもハンカチを結びつけたようです。

娘ちゃんの学習力、すごいな〜いつも驚いております。(親バカ…笑)

 

 

そんな娘ちゃんに感化され、母も動き出しますよー笑

いや、ゆるゆる動いていたんですけどね。

小さな種が少しずつ芽を出し始めたようです!!

 

本日から、とあるスタートアップ企業さんの組織作り&新規事業開発あたりに取り組む事になりました。

まぁ、ベンチャーなのでざくっと「気付いたことは何でもやってみるよ!」みたいなスタンスで臨みます。

 

そもそもスタートアップってどんな意味だろう??

日本では勢いのある操業開始期の企業を指すことが多いようです。

でも、本来は行動開始、操業開始。

 

うーん、いい言葉ですね。

何かが始まる瞬間が大好きな今の私にはとーってもしっくりきます。

 

考えてみれば、私の個人コンサルティングのお客様も「行動開始したい!!」という方がほとんどでした。

パートナーシップに注目してワークショップを開催しているのも家族としての行動開始につながればいいなぁ、という想いからです。

 

 

元来、私は思い立ったら即行動♪周りを巻き込み突き進む!が信条でした。

色々あって動き出したり、巻き込んだりする事が怖くなってたけど、この一年で徐々に吹っ切れてきました。

 

 

そーいえば、昔、歩みを止めたことを見抜いた方に、こんなことを言われたなぁ。

あなたの同世代の子たちは必死で頑張って動いてるよ。
折角、いいもの持っているんだから、動かなきゃもったいない。
すぐに追い抜かれていくよ。


でもね、当時の私は何をしたらいいのかよくわかっていなかった。
周りの友人たちみたいに「起業したい」とか「世の中を変えたい」って強い想いもなかったし、「もったいない」って言われても良くわからなかった。
そーいうものが無いまま、人の波に入っていく気力がもう残っていなかったのです。


でも、こう言ってくださる方がいました。

「もったいない」っていうのは、その人の世界観で言ったんじゃないかなぁ。
その人の世界では「はやく動く事」が大切なのかも知れないね。
でも、小夏さんは、小夏さんのペースでやればいいんだよ。





そうそう!「空っぽな自分」とひたすら本気で向き合うことで、こんな芸術を引き出すこともできましたしね。


ohuchigoto.hatenablog.com

 


ががーっと動いて、
ぷしゅーっと休む♪

 

そんなスタイルを貫きながら、行動開始してみますー◎