石島小夏のカラフルノート♪

カラフルノートで気持ちを軽くして、『自ら未来を描く力』を育む…!

命日反応

f:id:ohuchigoto:20170920094338j:plain

 

この時期に関西まで行くことを決めたのは、私なりの一周忌の過ごし方なのかも知れない…。

意識していたわけじゃないけれど、今回の旅でも彼女を知る人に会うことになっている。

 

ohuchigoto.hatenablog.com

 

 

命日反応。

そんな言葉を私は友人のブログで知りました。

 

ogasawarahayato.com

 

 

私にとっての3.11は母との最後の思い出の期間。

母が他界したのは4月の頭だけれど、3月に入り東日本大震災の話題が世に出てくると、どーしてもあの頃のことを想い出す。

 

ohuchigoto.hatenablog.com

 

 

そして、9月半ばになると思い出す人がいる。

出産は命懸け…そんなことを痛感した。

産後は妻だけの問題じゃない、妻がいなくなってしまうことだってある…。

 

 

彼女が実現したかったこと。

大切にしていたもの。

 

彼女と一緒の時間を長く過ごしたのは学生時代で、社会に出てからは会う機会は減ってしまっていたけれど、そんな私の中にもそれは確かに残っている。

呆然とするまま、突き動かされるように私は産後ドゥーラ講座の申し込みをしていた。

 

 

結局、産後ドゥーラとして開業することはなかったけれど、そこで出会った仲間たちと一緒に仕事ができている。

今回の名古屋・関西遠征も産後ドゥーラの同期が密かに支えてくれている。

 

 

「名古屋に行くよー!」と伝えたら「是非!うちでも」と声をかけてくれて東三河(豊川)でもワークショップを開くことになった。

ameblo.jp

 

 

週末、夫に出張が入り、「それなら!!」と仕事は関係なくプライベートで関西に友人へ会いに行く予定だった私。

関西での講座を急遽開催することになったのは、ドゥーラ同期が「名古屋まで行きたかったけど日程が合わなくて。。。」と連絡をくれたから。

以前、開催した釜石や所沢でのワークショップもドゥーラ同期が主催してくれた。

 

ohuchigoto.hatenablog.com

 

ohuchigoto.hatenablog.com

 

 

なんだか彼女に背中を押してもらっているような気がしている。

ドゥーラ仲間とのワークショップは、彼女と一緒にやっていた国際交流のキャンプが原点 でもある。

 

 

あれから1年。

この1年は自分でもびっくりするくらいの活動量だった気がする…!

学生時代に戻ったみたい(笑)

 

 

たくさん、たくさん背中を押してくれてありがとう。

勝手に見守ってくれている気でいます。

 

 

小夏らしいねー♪♪

ふっふっふっ!!

 

そんな声が聞こえてくるかなー。