石島小夏のカラフルノート♪

カラフルノートで“気持ち”を可視化して、『生き方を自分でデザインする力』を育む…!

強みは放っておいても良い…!

f:id:ohuchigoto:20171213132949j:image

 

“褒められる強みがありますね。

そのままで褒められる人なので、「褒められよう!」と頑張るのやめても大丈夫ですよ。

 

“人をまとめる、調和する力が強いですね。

自然にできている事なので、強みだから伸ばそう!!としなくても平気ですよ。”

 

 

クライアントさんにこんなお話をする事があります。

強みって自然に力を発揮しているものなのに、無理してしまうとおかしくなっちゃうんですよね…。

本来の色を失って、できるんだけど苦しいことになってしまう。

真面目で頑張り屋さんは、このサイクルにハマってしまうことが多いようです。

 

 

自分の強みを活かしたい

自然にすーっと力を発揮したい

 

そう考える方はとても多い。

私も、超超超必死で自分の強みを探しておりました…!!

でもね、普段やっていることを“無理しない”だけで、ぐぐぐーっと強みが際立つことがあるのです。

その人自身が持つ、“存在の強み”というやつですね。

 

“強み”って、強くなくても“強み”なのですよね。

変な日本語ですけど、ぐいぐい行く感じの強烈な強みだけが、強みではない。

そして、探し出して一生懸命磨かなくても、“無理する”のやめるだけで際立つこともあるのです…!

 

 

 

例えば、私の存在の強みに面倒見の良さというのがあります。

(自分で“面倒見良いです”って断言するの超小っ恥ずかしいのですが、無視できないレベルでご指摘頂くので断言してしまいましょうw)

これ、ちょっと前までは磨いた強みで、求められて無理してやっているものだと思っておりました。

 

できるけど、疲れるの。

相手に求められるけど苦しくなっちゃうの。

 

“もう、自分でやってくれー!!”

“なんで、私にやって貰おうとするねん!!”

 

って、感じ。

 

 

これ実は頑張って伸ばそうとしなくても良い強みだったのです。

でも、できちゃうから期待されて(いるように感じてしまい)周りに求められるからやるという部分が出てきてしまった。

自分でもそれがわかるから、なんだか居心地が良くない。  

 

 

あぁ、ややこしい!!

周りの顔色伺ってやっていると、強みが色褪せてしまうのですよね。

折角、良い色持っているのに…><。

 

 

真面目で頑張り屋さんには完璧主義者がとても多いのですよね。

少なくとも、以前の私はそうでした。

自分を変えよう!と頑張って自分の嫌な部分の原因に辿り着く。

あとは、その原因を取り除くことを、また頑張る(笑)

 

 

だから、

 

人の面倒を見ることをやめる

 

ということに一生懸命取り組みました…!

 

 

えらい、えらいよー!昔の私!!!

だが、そうやって頑張ってもなぜか、苦しい…。

人の面倒を得意気に見ている(と、当時の私には映る…!)人に苛立ったり…。

 

そりゃそうです、だって自分を押し殺しているから。。。

頑張る方向を間違ってしまっていたのですよね。

 

 

必要なのは、努力じゃなくて無理をしない工夫。

そして、顔色を伺わない勇気…!

失敗してもいいや〜、いい時も悪い時もある◎と受け止める力。

 

 

人の面倒ちゃんと見れなくても!

なんでやってくれないのー。と言われても! 

 

別に良いのです。

だからと言って、自分の価値がなくなるわけではない。

 

でも、

 

面倒見る行為を全部やめる。

 

 

と、全てを手放す必要もない。

 

 

だって、無くならないから…!!笑

無理に手放そうとしても、うっかり面倒見ている自分に気づいて、

なぜか落ち込むというややこしい事態になります。(以前の私。)

 

 

他人の顔色を伺って、

相手に求められるから、

褒められようとして、

 

無理にやっていることをやめればいいだけ。

そうすると、自然に強みが発揮されます…!

 

 

 

そうかー!無理に面倒見なくても良いんだー!!

って肩の力が抜けたら、いろんな人の面倒を見ている自分に気付きました◎

実際には、面倒見てないんですけどね〜。

 

 

“元気かな?”って感じたら、連絡してみたり

“あれ、心配な事になってるよー”って思った時にご飯食べに連れ出してみたり、

一緒に走ってみたり、

LINEで変なスタンプ送ったり、

 

そういうことを、やる気になった時だけやる。

そもそも人が好きだから天然でそういう気持ちが湧き上がってくるのですよね。

そういう時だけ、その想いを行動に移す。

 

 

それだけで、喜んでくださる方がいる。
でも、喜んでくださるからって、無理してはやらない。
喜んでもらえるからという理由では動かない

 

 

そんな気持ちでやっていたら、昔より関わっている人も後押しする人も増えてきました。

だから、人の後押し業を仕事にできているのだろうなぁ。

 

 

「私に任せて!!面倒見るよ…!」という強い感じではなくても、

「気が向いたら手伝うよー」みたいな感じでも、

それを求める人もこの世にはたくさんいるようです。

 

 

そんな石島小夏のカラフルノート、現在は個人セッション・ペアセッションのみお受けしています。
12月中は期間限定モニター価格♪

こちらのフォームからお申し込みください。

http://conatwo-session.strikingly.com/

 

グループコンサルティング講座の詳細はこちら。

1月以降の日程は決まり次第お知らせします。
http://conatwo-colorfulnote-group.strikingly.com/