読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石島小夏のおうちごと♪

夫と娘と「おうちを描いて共に育む♪」日々を徒然なるままに◎

身の丈に合う頑張りを!!

◆自分と向き合う◆  *イライラくん・もやもやくん
f:id:ohuchigoto:20160629112459j:image

昨日、「やらないって選択をすると見えてくることがある」って書きましたが、世の中にはいろんな人がいて、不満を言いながらも自分でやる方が幸せな人もいますよね。
「不満を言ってる」からやりたくないのかなーって、ずっと思っていたんですが、「不満を言いながらも頑張ってる自分」が好きな人もいて、そういう人たちにとってはそれが幸せな形なんですよね。
「変わらないこと」が幸せなこともあるし、「変わらずに同じことを続ける」ってすごいことだと思うんです。


でも私にはそれができない。。。
どうやら私は「変わる」事の方が好きだし幸せなようです。
同じ状態で我慢できないの。
まぁ、でも「すぐに結果は出ない」事はこの10年くらいでわかったので、「ちょっと待ってみる」事はできるようになりましたけどね◎


「変わること」も「変わらないこと」と同じくらい「変わらないように見えること」の積み重ねなんですよね。
あ、そう考えると大差ないのかな?笑
大切なのは「自分の身の丈に合わないこと」をしないこと。

例えば、「姑とは仲の良い関係を築かないと!」って無理をして、仲良くしようとすると自分も疲れてしまうし、相手も無理を感じて気分を害してしまう。
素直に「あー、これくらいの距離感だと頼れるんだな」っていう自分が納得できる状態で付き合っていれば、だんだん距離が縮まってきたりする。
別に距離が縮まっていかなくても、自分が無理をしていなければ関係が悪化していくことはないんじゃないかなぁ。

ま、その身の丈を掴むのが難しいんですけどね。
「これやってみたい!」、「面白そう!」、「これなら真似できる!」と素直に感じたことをちょっとでもいいからやってみる◎
これは、身の丈を掴むのにオススメです。

「これいいらしいけど、なんかひっかかる」とか、「私には合わない」と思うことは無理してしない。
「早寝早起き」とか「三食バランスのよい食生活」とか一般的に推奨されていることでも、科学的根拠が実はないこともあるらしいですからね。
そんなことには囚われずに、「心地よい◎」、「楽しそう!」って思えるものを選ぶ練習をしていると少しずつ身の丈が見えてくる気がします。