読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石島小夏のおうちごと♪

夫と娘と「おうちを描いて共に育む♪」日々を徒然なるままに◎

娘ちゃんとクリスマス

 *親育て・育自(子育て・育児)

f:id:ohuchigoto:20161220120339j:image

 

娘ちゃん2歳4ヶ月。

 

むすめちゃん ノンタンと おなじ あかい くるま が ほしいのー

きいろいでんしゃ でも いいなぁ

パトカー や きゅうきゅうしゃ も いいなぁ

 

どうやら、サンタさんというものはプレゼントをくれる人だと気付いたようです。

保育園で借りてきたノンタンの絵本の影響を受けて、「同じものがいい」と主張しています(笑)

 

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

ノンタン!サンタクロースだよ (ノンタンあそぼうよ (7))

 

 

我が家では、「クリスマス」や「ハロウィン」などの行事は娘ちゃんが望んだら始めることにしています。

だから、0歳の時のクリスマスはブリ大根とかでしたし、去年のクリスマスも特に特別なことはせず、イチゴ食べたくらいだったかなぁ。

百貨店勤務していたら、逆にプレゼント商戦に飽きてしまったというか…苦笑

まぁ、敢えてキリストさんのお誕生日をお祝いしなくてもいいかなーって感じです。

 

 

でもね、やっぱりクリスマスのワクワク感は大好きなのです★

小さい頃、クリスマスが近づくと読んでいたサンタクロースの絵本たち。

幼馴染がアメリカに住んでいたので、アメリカからクリスマスキャンディが贈られてくるという素敵な環境にいたこともあり、日に日に我が家がクリスマス色になっていくのも楽しかった。

ちなみに大好きだった本はこちら。

 

サンタクロースと小人たち (マウリ・クンナスの絵本)

サンタクロースと小人たち (マウリ・クンナスの絵本)

 

 

私は結構、サンタクロースを長い間信じていたので、サンタクロースへ手紙を書いたり、お茶とお菓子を用意してみたり、健気なことをやっていました(笑)

お母さんがシュトーレンを焼いてくれたり、一緒にクッキーを焼いたこともあったなぁ。

児童書って海外の本も多いので、クリスマスのお料理とかとっても素敵に描かれているんですよね。

そういう空気への憧れ、凄くあったなぁ!!

 

娘ちゃんの成長に合わせて、クリスマスを楽しむ空気をまた作れるのが嬉しい◎

折角なので、やっぱりサンタクロースにはならないとなー!!笑