石島小夏のおうちごと♪

色鮮やかでやわらかい日常をほわほわ紡ぐ…!

おうちの中心で愛を叫ぶ!!

f:id:ohuchigoto:20170410081219j:image

 

娘ちゃん2歳7ヶ月。

 

娘ちゃんね〜 おかぁさんとダディとカバさん(大切なぬいぐるみ)だいすきなんだー!

 

私:お母さんも娘ちゃんと夫くん、大好きー!

 

夫くん:僕も娘ちゃんと妻ちゃん、大好きー!

 

朝から、我が家は愛に溢れております(笑)

 

 

心で思っていることを、「口に出す」って、とっても大切だと思っています。

これ、昔はバカップル扱いされましたけどね…苦笑

でもね、家族や恋人でも、いや家族や恋人だからこそ、「言葉」って大切なんだと思うのです。

 

もちろん、心にもないことを口に出しても響きませんよ!!

それは、「言葉」ではなく単なる「音」。

意味がないものになってしまう。

 

そんな「言葉」を使うくらいなら、心に思うことを音にのせる(ギター弾くとか、太鼓叩くとか)方がいい。

それは、もしかしたら相手に響くかもしれない。

 

 

でも、愛の告白にギターだけ弾かれて、「僕の想いは届いたでしょ?」って言われても、受け取れるか私は自信がないなぁ…。

やっぱり、そこに「言葉」はのっていて欲しい◎

 

 

 

人は単純な生き物だから、「愛されている」ってわかると安心する

だから、大切な人には「愛しているよー(好きだよー)」と伝えて、「味方はここにいるよー」と安心させてあげたいのです。

 

たくさん伝えても減るもんじゃないですしね。

むしろ「言葉」にすると増えていくんじゃないかしら♪

 

娘ちゃんには特にですね。

一人でも二人でも「自分を愛してくれる存在」を知っていれば、そういう人に巡り会う力が育まれていくんじゃないかなーと信じています。

これは、私たちのささやかな子育て。

 

 

でも、それは束縛的な愛ではない。

重い愛ではなく、やわらかい愛。

「生きててくれさえすればそれでいいよー」の愛。

 

娘ちゃんにほわほわした愛を伝えるべく、私たち親は親で自立した状態でいようと思うのです。

横の世界もしっかり広げて、弱っている時には、娘ちゃんじゃなくて別の人にちょこっと支えてもらうイメージ。

 

 

娘ちゃんはいずれ、自分たちの元を羽ばたく存在。

でも、今は「おうち」が彼女にとっては大切な場所のはずだから、おうちの中心で愛を叫ぶのです!!