石島小夏のカラフルノート♪

カラフルノートで“気持ち”を可視化して、『生き方を自分でデザインする力』を育む…!

他人を尊重するために引きこもる!!

f:id:ohuchigoto:20170816192415j:image

 

今日はブログ休みます…!

って、思ったけど、やっぱり悔しいからとりとめのない感じだけど、書く!!笑

 

 

引きこもる時間って大切。

自分に程よい引きこもり時間を確保することは、周りの人を大切にして尊重するということなのだと、思っております。

 

お盆の帰省〜手足口病で1週間、娘ちゃんと共に過ごしていたら、無性に一人の時間が欲しくなりました。

 看病疲れもあるのかなー。

でも、やっぱり一人になりたい!!

 

 

3歳になった娘ちゃんは当たり前だけど、0歳の時より個人として意思が強い。

0歳から、きっと彼女なりに想うところがあったんだろうけど、意志表示が“泣く”だけだったので、こちらが勝手に解釈していた。

まぁ、それはそれで、ちゃんと意を汲んでいるのか?という不安は常にあった。

 

でも、わからないから仕方ない…!

と、諦めることもできたのだよなー。

 

 

もはや言葉の流暢な3歳児にはそんなごまかし?は効きません!!

昨日書いたように、ある意味、楽になっている。

でもねー、他人度も上がってきている。

 

 

そうなのだよなぁ。

0歳の頃は、私も娘ちゃんも共に一心同体感がまだ残っていたのだと思う。

それでも一人の時間は欲しかったけど、なんとなく今の感覚と違う気がするなぁ。

 

お腹の中で共に居た感覚が、少しずつ薄れて別々の人間に分離したのだよなぁ。

他人と時間を共有するのは、やはり簡単なことではないんですよね。

 

それは、3歳児が相手でも同じなのでしょう。

対等な個人として尊重したい…!という想いが強い。

だから、自分も自立した個人でありたいと願う。

 

 

自分が自立した個人であるためには、やっぱり一人でいる時間/引きこもる時間が必要なんだろうなぁ…。

この一人になる時間の頻度や長さは人それぞれ。

人と一緒にいても一人時間をしれっと取っている人もいたりする(笑)

自分に程よい引きこもり時間を確保していきたいものです◎