読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石島小夏のおうちごと♪

色鮮やかでやわらかい日常をほわほわ紡ぐ…!

お菓子作りと私がつくるもの

f:id:ohuchigoto:20160917191206j:image

久しぶりに泡立て器をカシャカシャやってお菓子を作りました◎
娘のおやつではなく、お砂糖もバターも使ってお菓子をちゃんと作るのは久しぶり。
娘ちゃんのお誕生日ケーキ以来だなぁ。
(あ、結局は娘も食べるお菓子ですね。)


私は電動ミキサーを使わずに、泡立て器を手でカシャカシャやってお菓子を作るのが好きです。
小さい頃からそうやって作っていたから、私にとって手で泡立てることがお菓子作りの醍醐味なのです。
そして、これがもう本当に私の気持ちを落ち着かせる作業なのです。


たぶん、走るのと同じ感じ。
何も考えずに無心に泡立て器を回していると、自分の中の考えがまとまっていったり、悩んでいたことが解きほぐされたりする。
そして、お菓子は自分で作り上げたもの目に見える


そりゃ、お菓子を作ってるから当たり前なんですけど、自ら何かを作り上げたってことで、前へ一歩踏み出す背中を押してくれる気がするんです。
編み物とかもいいんですが、できあがった物が溜まっていくのが私は苦手で…
私にとって、料理やお菓子作りは消えていくからこそ作り甲斐があるんですよね。
物を作れる人への憧れはすごくあるんですが、もうそこは大好きな人たちが美しいものを作ってらっしゃるから、それを受け取る側に居たいのです。


そんなことを漠然と考えていたら、今日素敵な言葉を頂きました(o^^o)

見えるものを作る方はたくさんいらっしゃるけど、ブログで文章を書いたり、家に人を招いたり、受け入れる空気感を作れるってなかなかできることじゃないですよ。

本当はもっと素敵な言葉を紡いでくださった気がするんですが、一言一句は思い出せず…でもとっても嬉しかったのです!!
恐れ多いけど、そう言ってくださる方がいらっしゃることは素直に嬉しい◎


周りに芸術家が多過ぎて、自分の普通さ加減に落ち込んだ10代。
東京に出てきて、物は作れないけど受け取ることは得意なんだと気付いた20代。
あ、もしかして芸術って自分の暮らしの中にあるのかも知れないって思えるようになって、やっと自分を素直に表現できるようになってきた(気がしている)30代。


そーんな私の30年を、すっと肯定された気持ちになりました!!
あ、なんか私にもつくっているものがあるのかも知れないなぁ◎
ふふふ♪♪

最後に今日、私が作ったもののレシピを!!
娘ちゃんの誕生日に砂糖をレシピ本の半分にしてスポンジケーキを作ったら思いの外美味しかったので、パウンドケーキも砂糖半分にして作ってみました☆

f:id:ohuchigoto:20160917193309j:image

米粉deりんごパウンドケーキ 砂糖控えめ★
-パウンド型2本分

バター 170g
砂糖 85g(本当は砂糖170g)
卵 4個
米粉 170g(小麦粉でもちろんOK)
ベーキングパウダー 小さじ1

りんご 1個
レーズン 大さじ2
レモン汁少量
シナモン、ナツメグクローブ少量(なくてもOK)

りんごは小さくカットしてレモン汁をふりかけ、レーズンと合わせてシナモン、ナツメグクローブをまぶしておく。
オーブンは180度に予熱しておく。

バターは室温に戻して、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜる。
砂糖を少しずつ加えてさらに混ぜ混ぜ。
卵を少しずつ加えてさらに混ぜ混ぜ。(分離しやすいので優しく混ぜる)
粉&ベーキングパウダーを加えてささっと混ぜる。
りんごとレーズンに粉(分量外)をまぶしてから生地に加える。

型に流し込み、2回くらい軽く上(数cm)から落として空気を抜く。
生地の真ん中に溝を作る。

オーブンで40分焼いたら出来上がり♪♪