石島小夏のおうちごと♪

素材を活かし、味わい尽くす…!!

自分が価値を信じていないものは売れない

f:id:ohuchigoto:20170717084700j:plain

 

“お茶碗”を“お茶碗”として売りたいなら、

自分が“お茶碗”を“お茶碗”として扱わないといけない。

 

単なるボール(お椀)として扱ったら、“お茶碗”にはならない。

自分が価値を信じていないものは、売れない。

 

まぁ、私はそういう世界は難しいから、日常使いのものを作っているんだけどね。

 

(ご飯のお椀ではなく、茶道のお茶碗のお話です。)

 

 

父がこんな話をしていました。

お客様の前でなくても、作っている時から、運んでいる時から、店先に出す時まで、“お茶碗”は“お茶碗”として、丁重に尊いものとして扱わないといけない。

茶道の世界で重んじられているものを、作り手も敬わなくては、“お茶碗”には成っていかないのだそうです。

 

 

あぁ、これは“お茶碗”ではなくても、何でもそうだよなぁ…と唸ってしまいました。

特に、私が創っている商品は目に見えないものなので、「自分が価値を信じていない」と、何も無くなってしまう。

そして、相手の世界が重んじているものを敬わなくては、真の作品には成らない。

 

 

逆に言えば、自分が重んじている世界を作っていく。

そうすれば、需要と供給は一致するのかも知れません。

自分が価値を信じられる、身の丈に合うものを売る。

 

そういったものを売りならが、せっせと爪を研ぐのです。

自分の目指す世界を、作るために腕を磨いていく。

 

 

なんだかストン…と腹に落ちてきました。

そうだよなぁ、そうなんだよ…!笑

 

 

念じれば売れる!!

 

前職で、売り上げを死守している店長さんがおっしゃっていたこと。

念じる=信じれば、ものは売れる。

 

 

自分が価値を信じて、きちんと相手に伝える。

相手に伝える部分(売り方)も、とっても大切。

 

 

でも、それよりも何よりも自分が作っているものの価値を信じること。

これがないと、何も始まらないんだよなぁ。

 

 

それは作品だけでなく、自分自身そのものにも言えること。

自分を信じて、大切に扱ってあげないと、“大切に扱われる存在”には成らない。

 

自分のことを“成りたい自分”として扱わないと、“成りたい自分”には成らない。

 

 

信じるものは救われる!!

でも、信じるものは足元も掬われる(笑)

 

一歩一歩、足場を確認しながら「えいや!」と飛び込んでみることが大切だと感じる今日この頃です。