石島小夏のおうちごと♪

素材を活かし、味わい尽くす…!!

親と子の力加減

f:id:ohuchigoto:20170106112021j:plain

 

子育てに迷いが生じた時はこの3つを自分に問いかけています。

 

娘ちゃんの身に危険はないか?(生きていることは大前提!!)

親の権力を行使していないか?(私が邪魔になっていないかなぁ?)

娘の力を引き出しているか?(「私」がやりたいことではなく、「娘」がやりたいことなのかなぁ?)

 

そして、「少しでもできてたらいーや」と、ゆる〜く考えています◎

最後は「娘ちゃんの力で勝手にやっておくれ〜」と、割り切る(ようにする)。

もう、その辺は彼女の持っている「運」に任せるしかない!!
彼女の人生なんだから、自分の力で生きていける(はず)!!っと、丸投げ♪

これが私なりの「親子関係の築き方」(2017年現在!)です。

書いていて気付きましたが、夫くんとの関係に迷いが生じた時も同じように考えるなぁ。

「家族」ってどうしても「同じ人生を歩んでいる」という幻想を抱きたくなってしまうから、意識的に「自分と同一視しないように!」と、自分に言い聞かせているのです。

 

 

20代の頃、私は母と大きく衝突しました。

悩んで、悩んで、めちゃくちゃ泣いて、気づいたら10年が経っていました…!!

 

母になった私は、ようやく親と子の人生は「同じではないのだ」と、心から認められるようになりました。

親は親、子は子。

所詮、他人で別の人生を歩んでいるんですよね〜。

そんなの「当たり前じゃん!!」って思われるかもしれませんが、心の底からそう信じるには、とーっても時間がかかりました。

 

どうして、そんなに時間がかかってしまったのか?

それは「親が持っている力」が「重石」となり、もがき苦しんでいたから…。

親と子の人生は別なのに、親はどうしても子に対して「力」を持ってしまう。

 

「年長者」であるという力。

「お金」を払って、養っているという力。

「育成者」として、家事や育児を担っているという力。

 

「力加減」をあやまった瞬間に、それは権力や暴力となる。

なーんて、書くと思い言葉になりますね…ずーんっ!!

 

権力や暴力なんて大げさなものでなくても、「親の存在」が子にとっては、小さな壁となったり、世界を閉ざしたり、してしまうことがある。 

こどもが自分で人生を歩もうとした時に、小さな「重石」となってしまう。

小さな小さな「重石」が積みかさなると、大きな圧力となることもあるかも知れない。

 

なんてことを書くと、子育て中の方々は不安になっちゃいますかね…

でもね、その「重石」を取り除いていく「力」も親は同時に与えている(ハズ!!な)ので、気楽にやっていきましょうー◎

と、私も自分に言い聞かせております★

親が無意識に私に与えていた重石を、一つずつ取り除いて、私は10年かけて「親離れ」をしていったように思います。

(ここから先は、noteにてご紹介させてください!!)

note.mu

 

家族との関わり方については、こちらもどうぞ〜★

益子で親子関係を見つめ直す - 石島小夏のおうちごと♪

自分の問題と夫の問題を分ける!! - 石島小夏のおうちごと♪

大人もこどもも変わらない!! - 石島小夏のおうちごと♪