石島小夏のおうちごと♪

素材を活かし、味わい尽くす…!!

娘ちゃんは裸足で放牧育児♪笑

f:id:ohuchigoto:20170309075238j:image 

 

娘ちゃん2歳6か月。

 

あついから ぬぐのー

おくつ はかな〜い

はだし で おうち かえるのー

 

レストランで食事をしていたら、身体がぽかぽかあったまった娘ちゃん。

どうやら靴を脱いで素足で冷たい地面を感じたかったようです。

 

「お外出るんなら、お靴はいたらー?」と聞いてみても「いやー」と返されるので、

 

そっかぁ、じゃぁ、そのまま帰ろっか。

足、冷たくて気持ちいもんね。

 

 

と、娘ちゃんに同意したら、一緒に居た方に驚かれました(笑)

 

 

すごいなーと思いました!

小さい頃、そういうの「ダメ」って怒られた記憶しかなかったんで。

 

 

我が家では、基本的に娘ちゃんの自主性に任せて好きなよーにやらせております。

娘ちゃんが感じるままに行動して、学んでいくのを邪魔しない。

命の危険がないように見守るので、あとは勝手に育っていってくれーって感じ。

名付けて放牧育児!!

 

 

もちろん、「娘ちゃんのやりたいこと」と「親のやりたいこと」が折り合わない時に、「親のやりたいこと」を優先させることは多々ありますけどね。

ただ、「裸足で歩く」「コートを着ない」といった、別に親が困るわけでないことは本人が好きなようにすればいい、と放置しております。

実際に、外を歩いていて寒くなったら「さむいから こーと きるー」って娘ちゃんは主張してくれます。

 

 

「なんで裸足で歩いたらダメなのか?」

私がわからないですもん!!笑

私自身の思考がこどもなんでしょうねー(^^;;

 

むしろ「裸足で大地を踏みしめる」なんてかっこいい!!

なーんて思ってしまう。

 

流石に自転車にひかれたりしたら、可哀想なのでそこは注意しておりますが。。。

ちょっとの怪我くらいはしてもいいかなーとゆるく考えています。

怪我したら、足を守るために靴をはきたくなるかも知れませんしね。

 

 

私は自分自身が、「やりたいこと」を抑え込んでしまうタイプだったんです。

自分が何を感じて、どうしたいのか?

そーいうのがわからなくて、20代はずーっともがき苦しんでいた。

 

で、大人になってから流れに身を任せて委ねる練習を繰り返して、ようやく気楽に歩めるようになった30代。

私がこつこつ一生懸命頑張って、手に入れつつある「感じるままに動く」という技を、娘ちゃんはあるがままに使いこなしている!!

 

もう、羨ましくて仕方ありません!!

私がなりたい姿は目の前にあるんですもの。

 

願わくば、このまま真っ直ぐに育っていって欲しいので、「裸足で歩く」という小さな主張も大切にしてあげたいのです。

冬は周りに「ギョッ」っとされますけどねー。

 

 

いいんです。

社会に出れば、常識なんて教えてくれる人がたくさんいる。

既に、保育園という社会で娘ちゃんは順番を守ること、使ったものを片付けること、時間通り動くこと…など、数え上げたらキリがないくらいの常識やルールを教えて頂いている。

この先、学校や他の場でもどんどん色んなことを覚えていくのでしょう。

 

娘ちゃんにダメだしする人もたくさん出てくるはず。

 だから、私たちくらいは「好きなようにおやりー!!」と受け止め続けてあげたい。

「親が認めてくれる」ってやっぱり安心するんじゃないかなー。

 

逆に「親が反対した」ことをやってうまくいかなかった時は、苦しいですからね。。。

言う通りにしなかった自分を責めてしまったり、親に申し訳ない気持ちになったり、色んな重苦しい気持ちが渦巻いてしまう…。

だから、なるべく「やりたいよーにやればいいんだよ。失敗したらそこで学べるんだからいいんじゃないー?」くらいの気持ちで見ててあげたいのです。

 

自由の塊である娘ちゃん。

柵を取っ払った自然の中で放牧したいなーと考えております。

 

 

我が家の放牧子育てや親子関係に関する考察などはこちら◎

 

裸族な娘ちゃんと昼行性動物な私(^^;;笑 - 石島小夏のおうちごと♪

どんな子に育って欲しい?〜虐待は紙一重!!〜 - 石島小夏のおうちごと♪

親と子の力加減 - 石島小夏のおうちごと♪

我が家のルールは? - 石島小夏のおうちごと♪

益子で親子関係を見つめ直す - 石島小夏のおうちごと♪

大人もこどもも変わらない!! - 石島小夏のおうちごと♪