石島小夏のおうちごと♪

素材を活かし、味わい尽くす…!!

気持ちにちょこっと理を乗せる♪

f:id:ohuchigoto:20170608100156j:image

 

神楽坂石島亭♪昨日も簡単ほぼ一品料理、

 

・かぶとイワシの酒蒸し

・赤大根の梅酢漬

・土鍋炊きごはん

 

「大きなカブ」を読んだ娘ちゃんのリクエストに応えてカブ料理を作りました(^^)

そんな彼女はRSウィルスに感染し、突発性発疹以来2年振りの高熱に見舞われております…。

 

 

なっちゃんは、論理的に伝えらて羨ましい!

男性は、理論的に話して、納得すれば、動きがスピーディなんだけどうまく言えない!!

 

と、女性陣から相談を受けることがあります。

逆に、

 

妻に論理的な話し方を伝えて欲しい。

 

と、男性から言われることも。。。

男女で分けるのはあまり好きではないけれど、どうも女性の方が感情的と言われることが多いですよね。

まぁ、女性はホルモンの乱れで感情が爆発する時期がありますからねぇ…。

 

 

そもそも理論と論理って何なんだろー??と、ちょっと考えたり、調べてみました。

ふむふむ、ざっくり理論=原理原則、論理=考え方や理由だとして、“理論”を“論理”で組み立てていくイメージかなぁ。

 まぁ、でも理論的・論理的と言われる時は、違いが明確じゃないことの方が多そうですよね。

 

ゆるっと

 

何か考え方や理由を伝えること、もしくはその先に現れる法則

原理原則を踏まえて、考え方や理由を述べること

 

的なものが全部ひっくるめられている感じ。

 

いずれにせよ「絶対に正しい」ものではない。

理論なんて前提条件が一つでも違えばひっくり返るものだし、論理なんて“自分の考え”を伝えているだけに過ぎないですからねー。

 

 

そういえば、先日、産後ドゥーラ養成講座でファザーリングジャパンの林田香織さんは、“働き方”にまつわる社会情勢をお話してくださり、

 

男性は社会の動きを踏まえて話さないと、聞いてくれない

 

と、言ったようなお話をされていました。

ここでいう社会情勢は理論、それを踏まえて話すことは論理ですかね。

 

 

この辺り、体感的には男女の差はなくなってきている気がするのですが、 

仕事だろうと、家庭だろうと、気をつけるべきは、

 

理論や論理では人は動かない

 

って、ことじゃないのかなぁ…と私は考えています。

ちょうど、1年前の今日もこんなことを書いていました!!

ohuchigoto.hatenablog.com

 

 

大体、「理論的・論理的に話して欲しい」とか言いながら、理論を踏まえた上で、論理を伝えると可愛くないとか言いやがる!!笑(あ、喜ぶ人もいますけどね。)

まったくどっちなんじゃい!!

 

 

だがしかし、100%感情だけでも残念ながら伝わらない。

そこに、ちょこっと理論や論理を乗せるくらいがちょうど良い◎

感覚的には1割くらいかなー。

 

 

そう、1割でいいんですよ。

論理の中身は感情で、それを伝えるために論理という方法を取るだけ。

なんだか理論的・論理的っていう言葉には「完璧・絶対」という響きがあるような気がしてしまうけど、100点じゃなくて10点でいい。

 

 

土台や中身は感情や心の部分のはず…!

 

 

ただ、ちょっと(1割)は理の部分あった方がいい。

ここが難しいんですけどねー、ちょっと(1割)くらいなら頑張れそうな気がしませんか?笑

少しずつ、“ちょっと”を積み重ねてみる。

 

どうやって、理の部分を増やすのかというお話は、そのうち書きますねー。

 

「理」と「感情」についてはこちらもどうぞ〜♪

“感情”と“論理や理論”は共存できる!! - 石島小夏のおうちごと♪

「感情」を伝えるために「論理」を使う!! - 石島小夏のおうちごと♪

相手を想う気持ちと方法論 - 石島小夏のおうちごと♪

逃げ恥に学ぶ夫婦円満のコツ♪ - 石島小夏のおうちごと♪